相続欠格の効果とはどんなもの? - こんなときどうする?相続欠格・廃除

HOME » 相続欠格とは » 相続欠格の効果とはどんなもの?

相続欠格の効果とはどんなもの?


相続が起きたとき、相続欠格を主張される人がいたり、自分も場合によってはそれを主張したりできます。
この相続欠格には、どんな効果があるのでしょうか?

この相続欠格の効果ですが、それは相続人からの排除です。
相続欠格に当てはまる場合、その人は相続権をなくすのです。
一度この効果を受けると、もうその人は遺産相続に参加できなくなります。

遺産相続を行うとき、各法定相続人の権利はかなり強く守られており、その相続で法定相続人に確定する方が参加していない遺産分割は無効になります。
もしそのような分割が行われた場合、やり直しの要求ができますし、もしそれをされた場合、他の相続人はそれに応じる必要があります。

そして改めて法定相続人が全員参加して協議を行い、全員一致で遺産分割の方法を決めるのです。
このとき一人でも反対する人がいれば、その分割案は採用できません。
このように各法定相続人の権利はかなり強く守られているのですが、これを一切失うのが、相続欠格です。

相続欠格に当てはまる人はもう遺産分割協議に参加できませんし、残りの法定相続人だけで集まって遺産分割をされたとしても、欠格者はやり直しを要求できません。
仮に自分の権利を主張し、やり直しの要求をしたとしても、応じるべき法的理由もないため、訴訟を起こしても負ける確率が高いのです。

これが相続欠格の効果で、非常に強力です。
そしてこの効果はいつから適用されるのかというと、相続欠格の事由にあてはまったら、特別な手続きなしで即座にとなっています。

その事由はいくつかありますが、まずは被相続人を殺害するなど、非常に重い犯罪行為を行ったときです。
この行為は未遂に終わったとしても、そのようなことをやろうとしただけでも、欠格の事由になっています。

このほか、被相続人に特定の遺言を残させようとしたり、遺言書を破棄・偽造・隠ぺいしたりといったことも、相続欠格の事由になります。
また、自分が直接このような問題行為をしなくても、欠格になる事由もあります。

それは、被相続人が殺害されたことを知っていて、これを告発・告訴しなかった場合です。
このときは直接自分が何か犯罪行為をしたとは限りませんが、やはり相続欠格になります。

このような条件に当てはまると、その人は相続欠格者となります。
そして先にご紹介したように相続人からの排除という効果が適用され、自分が欠格者となった相続には一切参加できなくなるのです。
自分がこの相続欠格の効果を受けないように注意するほか、もし欠格に当てはまるような相続人がいれば、それを主張するといいでしょう。