相続欠格について - こんなときどうする?相続欠格・廃除

HOME » 相続欠格とは » 相続欠格について

相続欠格について

一般的に遺産相続は相続できる順位が決められているのでその順番に沿って相続していくことがほとんどなのですが、もし相続人の権利を持っている人の中に相続欠格にあたる事由が見受けられる人物がいた場合、その人は相続権をはく奪されてしまいます。
まず相続順位についてですが、これは被相続人との関係で決められており、もっとも優先順位が高いのは配偶者、第二位が子供、第三位が父母祖父母、第四位が兄弟姉妹と決められています。

配偶者と子供がいる場合は第三位と第四位の父母祖父母・兄弟姉妹に相続権は与えられず、子供がいない場合は父母祖父母が繰り上がりとなり配偶者と父母祖父母が相続権を得ますし、子供も父母祖父母もいない場合は兄弟姉妹が繰り上がりで配偶者と兄弟姉妹が相続権を得ます。
それでは相続欠格となるのはどのようなケースのときに当てはまるのでしょうか?

相続欠格となるのは法律上これらのケースに当てはまる場合に適用されるので覚えておきましょう。
「相続人が故意に被相続人あるいは相続について優先順位の高い者や同順位にある者を死亡するに至らせ、 又は至らせようとしたために、 刑に処せられた場合 (民法891条1号)」

「相続人が被相続人の殺害されたことを知って、 これを告発や告訴をしなかった場合(民法891条2号)」
「詐欺行為や脅迫行為により被相続人が相続に関する遺言をしたり、取り消しや変更することを妨げた場合 (民法891条3号)」

「詐欺行為や脅迫行為により被相続人に相続に関する遺言をさせたり、 取り消させたり変更させた場合 (民法891条4号)」
「相続人が相続に関する被相続人の遺言書を偽造・破棄・隠ぺいなどをした場合 (民法891条5号)」のいずれかに該当する行為があった場合です。

このように基本的には被相続人の意思を妨害したり無理矢理変えさせようとした場合に適用されることが分かりますが、たとえば被相続人の子供に相続欠格者がいた場合にその子供に子供、被相続人から見て孫がいる場合は代襲相続は可能なのでしょうか?
結論から言うと代襲相続は可能で、代襲して相続人になれるのは直系卑属か甥と姪になりますから通常の相続と変わりません。

相続欠格があったのはあくまでもその人物自身であり、その人とつながりのある人物は関係ありませんからその点は安心してください。
このように相続欠格によって本来相続権があっても相続できない場合もありますので覚えておきましょう。