相続欠格とはの記事一覧 - こんなときどうする?相続欠格・廃除

HOME » 相続欠格とは

相続欠格とは

相続欠格について

遺産相続をするときに相続人となるのは被相続人と家族関係にある者に限られ、優先順位は配偶者が一番高く、次いで子供、3番目が父母祖父母、最後に兄弟姉妹という順番になっています。
遺言書によって指定されていることもありますが、法律上法定相続人と成りうるのは先に述べた関係にある人たちですから、特に問題がなければこの優先順位で相続していくことになるでしょう。
相続欠格について ≫ Click

相続欠格の判例

遺産相続をするのは法定相続人がその資格を持つことになり、それに該当するのは被相続人の配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹です。
優先順位は配偶者がもっとも高くなっていて、次に子供、父母祖父母、兄弟姉妹となります。

相続欠格の判例 ≫ Click

相続欠格者とは

遺産相続は基本的に遺言書などで指定がない限り、法律で決められた法定相続人が相続することになりますが、必ずしもすべての人がその対象となるのかと言えば実はそうではありません。
法定相続人となるのはあくまでも被相続人の生前に少なからず貢献があったことや、良好な関係が築けていたこと、財産などを脅かすことのなかった人が対象になります。
ですから本来法定相続人となる権利がある人でも場合によっては相続人になれない可能性もあるのです。
こういった人を相続欠格者と呼び、通常なら相続人になれるはずでも相続することはできません。

相続欠格者とは ≫ Click

相続欠格での代襲

相続欠格が起きた場合、その本人は財産を相続できませんが、その身内には代襲相続が起こります。
これを知らないと相続人の確定を間違えて遺産相続がやり直しになることがありますから、相続欠格の仕組みとあわせてよく知っておくといいでしょう。

まず相続欠格とは何かというと、相続人としての権利を失うことです。
この権利は本来非常に強いもので、被相続人との仲や生前の付き合いなどは関係なく与えられます。
たとえば被相続人には認知した隠し子がおり、当人同士に面識はなかったとしても、その隠し子は相続人になれます。
このように相続権は非常に強い権利でそう簡単になくならないのですが、一定の条件に当てはまるとその限りではありません。
それを欠格と言います。

相続欠格での代襲 ≫ Click

相続欠格の証明はいるの?

身内で亡くなった人が出たときは相続になりますが、相続欠格が出たとき、その証明はいるのでしょうか?
まず相続欠格とは、相続人の権利を失うことですね。
相続人の権利は被相続人との血縁関係で決まることが大半で、これを被相続人や特定の相続人の好き嫌いで変えることはできません。 相続欠格の証明はいるの? ≫ Click