相続欠格とはの記事一覧 - こんなときどうする?相続欠格・廃除

HOME » 相続欠格・廃除について

相続欠格とは

兄弟でも被相続人の財産を相続できるの?兄弟でも相続放棄ってできるの?

相続01

法定相続人となるためには順位があり、第1相続人、第2相続人、第3相続人の順により財産の相続を行うことになります。
この場合、第3相続人となる人は第1・第2相続人が相続放棄をしなければ、被相続人の財産を引き継ぐことが出来ません。
そこで、第3相続人となる人でも、財産の相続をすることが出来るのかについて見ていきたいと思います。

・法定相続人の順位について!
法定相続人の順位については第1相続人が子供、第2相続人が親、第3相続人が兄弟(姉妹)となっています。
法定相続人の選定はまず第1相続人から行われていき、第1相続人となる被相続人の子供が相続放棄をした際に、第2相続人に財産の相続を引き継ぐ権利が与えられるのです。
このため、第3相続人となる兄弟(姉妹)は、被相続人の財産を相続する可能性が少ないと考える人も多いと思います。
ですが、第2相続人が高齢ということになると相続放棄をする可能性も高くなるので、第3相続人に相続する権利が回ってくることもあるのです。
また、被相続人が結婚をしていない、子供もいない、親が亡くなっている場合は必然的に第3相続人の兄弟が被相続人の財産を引き継ぐことになります。

・第3相続人は相続放棄をすることってできるの?
法定相続人の順位を見てみると、第3相続人は最後の相続人となります。
しかし、第3相続人である兄弟が被相続人の財産を相続したくないと感じた場合は、自分の意思によって相続放棄を行うことが出来ます。
この場合は、被相続人の残した財産が債務や借金だけだったというケースが多いです。
債務や借金だけを引き継ぐことは出来ないという理由で第1・第2相続人が相続放棄をしたとします。
しかし、第3相続人であったとしても、相続放棄については自分で決めることができ、絶対に相続をしなければならないということではありません。
被相続人の残した財産が債務や借金だけだったという場合は、よく検討をしたうえで相続放棄を決めるようにしましょう。

このように第3相続人の兄弟であっても、被相続人の財産を相続できる可能性はあります。
もちろん、相続放棄をすることも出来るのですが、相続放棄が出来る期限内に手続きを済ませる必要があります。
相続放棄が出来る期限は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10ヶ月以内と決まっているので、第1・第2相続人が相続放棄をした際は期限まで日がないので、早く手続きを済ませるようにしましょう。

相続欠格の効果

遺産相続が原則として被相続人の配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹の順番で相続することになっており、遺言書が残されている場合でも相続人の権利を持つ人が相続することがほとんどです。
また、遺言書がなくても遺産分割協議において法定相続分を基準に考えることが多いですから、この優先順位は把握しておいたほうがいいでしょう。
相続欠格の効果 ≫ Click

相続欠格と基礎控除

相続が起きたとき、相続人が合計何人いるのかを調べる機会は多いですよね。
それは相続税の基礎控除を計算するためです。
このときは法定相続人の人数が計算に必要です。
しかもこの人数1人あたりで基礎控除が600万円違ってきますから、人数は必ず正確に集計したいところです。
このときに相続欠格はどういう扱いになるのでしょうか?
相続欠格と基礎控除 ≫ Click

相続欠格について

一般的に遺産相続は相続できる順位が決められているのでその順番に沿って相続していくことがほとんどなのですが、もし相続人の権利を持っている人の中に相続欠格にあたる事由が見受けられる人物がいた場合、その人は相続権をはく奪されてしまいます。
まず相続順位についてですが、これは被相続人との関係で決められており、もっとも優先順位が高いのは配偶者、第二位が子供、第三位が父母祖父母、第四位が兄弟姉妹と決められています。

配偶者と子供がいる場合は第三位と第四位の父母祖父母・兄弟姉妹に相続権は与えられず、子供がいない場合は父母祖父母が繰り上がりとなり配偶者と父母祖父母が相続権を得ますし、子供も父母祖父母もいない場合は兄弟姉妹が繰り上がりで配偶者と兄弟姉妹が相続権を得ます。
それでは相続欠格となるのはどのようなケースのときに当てはまるのでしょうか?
相続欠格について ≫ Click

相続欠格の確認はどうするの?

民法841条に該当する事情がある場合、本来遺産相続をする権利を持っている人物でも相続欠格を理由に相続させないようにすることができます。
まず相続欠格にあたるのは「相続人が故意に被相続人あるいは相続について優先順位の高い者や同順位にある者を死亡するに至らせ、 又は至らせようとしたために、 刑に処せられた場合 (民法891条1号)」、「相続人が被相続人の殺害されたことを知って、 これを告発や告訴をしなかった場合(民法891条2号)」、「詐欺行為や脅迫行為により被相続人が相続に関する遺言をしたり、取り消しや変更することを妨げた場合 (民法891条3号)」、「詐欺行為や脅迫行為により被相続人に相続に関する遺言をさせたり、 取り消させたり変更させた場合 (民法891条4号)」、「相続人が相続に関する被相続人の遺言書を偽造・破棄・隠ぺいなどをした場合 (民法891条5号)」になります。

相続欠格の確認はどうするの? ≫ Click

相続欠格について詳しく説明

遺産相続をする権利は被相続人の配偶者、子供、父母祖父母、兄弟姉妹の順番で持っていて、一般的にはこの順番で相続していくことになります。
しかし相続する権利を持つのが難しいと判断されるケースもあって、この場合相続欠格となり本来相続する権利を持っていたとしても相続することはできません。

相続欠格について詳しく説明 ≫ Click

相続欠格について

遺産相続をする権利を持つのは一般的に被相続人と家族関係にある人物で、優先順位で言えばもっとも高いのが配偶者、次に子供、3番目に父母祖父母、最後に兄弟姉妹となります。
相続できる財産の割合は配偶者がもっとも多くの割合を相続できることになっており、配偶者と子供がいる場合は配偶者が全体の2分の1を、子供が残りの2分の1を分け合います。

配偶者と子供がいる場合は父母祖父母や兄弟姉妹は相続することができず、どちらかがいない場合に限り優先順位の高い順番で繰り上がります。
ただ相続できる割合は変わってきて、配偶者と父母祖父母の場合は配偶者が全体の3分の2を、残りの3分の1を父母祖父母で分けます。

相続欠格について ≫ Click

相続欠格について

遺産相続は一般的に被相続人に近しい人から順番に相続人になるもので、もっとも優先順位が高いのは配偶者、次に子供、3番目に父母祖父母、最後に兄弟姉妹となっています。
遺言書がある場合は裁判所での検認を行った後にそこに記載されている内容に沿って遺産相続を進めていきますが、それ以外の場合は先ほどの優先順位で相続していくことになります。
相続欠格について ≫ Click

相続欠格について

遺産相続をするときに相続人となるのは被相続人と家族関係にある者に限られ、優先順位は配偶者が一番高く、次いで子供、3番目が父母祖父母、最後に兄弟姉妹という順番になっています。
遺言書によって指定されていることもありますが、法律上法定相続人と成りうるのは先に述べた関係にある人たちですから、特に問題がなければこの優先順位で相続していくことになるでしょう。
相続欠格について ≫ Click