相続放棄の申述受理と証明書 - こんなときどうする?相続欠格・廃除

HOME » 相続欠格・廃除について » 相続放棄の申述受理と証明書

相続放棄の申述受理と証明書

相続

相続放棄に関しては、誰でもできると思っている方が多いです。
確かに相続の際、借金やローンが被相続人にある場合、相続放棄が可能です。
わざわざ相続する人が損をするようなことをしなければならないということはありません。
ただ、相続放棄する場合は、申述書を作成することが必要となります。
この申述書はどういうものなのかと言うと、簡単に言うと「相続しませんよ」と宣言するものとなります。
難しく申述書と言っていますが、これらに関しては特に難しいものではありません。
実際に税務署や裁判所でもテンプレートを用意してくれているので、そちらを参考に作成すれば問題はないでしょう。
ただ、厄介なことにこの申述書を提出した後は、受理してもらうことが必要となります。
相続放棄は申述受理によって、ようやく可能となるものなのです。
ちなみに、相続放棄申述受理証明書も必要となってくるので、その点は注意するようにしてください。

基本的に相続放棄については受理されることが多いので、そこは心配する必要もありません。
不安になることもないでしょう。
ただ、人によっては、相続放棄に関しての知識がなく、期限内に提出できなかったという事例もあります。
実際に相続が決まってから、猶予期間として3か月の間は、相続放棄の手続きがおこなえるようになっています。
しかし、この熟考期間と呼ばれる間に申述書を作成して提出し、受理してもらうことが必要です。

また、証明書も発行してもらうことが必要となってくるので、十分に注意することが必要となるでしょう。
まずはそれらの点も含めて、早めに行動しておくことが必要となります。

実際のところ、被相続人が亡くなってからというのは時間もあまりありません。
死亡届を提出して葬儀をおこない、それでいて遺産分割協議なども進めていくことが必要です。
相続放棄の場合は遺産分割協議などへの参加資格も失うので関係ないと思っている方が多いです。
しかし、相続放棄すると他の遺族や家族の相続税負担が大きくなります。
そのため、意外にもそれらの話し合いでトラブルや問題となることもあるのです。

相続放棄したい場合は、申述書を作成して受理してもらいましょう。
証明書が発行されれば、それによって相続放棄ができる権利の証明にもなります。
そこもしっかり考えて対処してみると良いのではないでしょうか。
実際には色々なケースやパターンが考えられるので、すべてその限りとは言えません。
しかし、しっかり対処していくことでより安心して相続放棄できるようになっていくでしょう。