相続欠格は子供にも及ぶの? - こんなときどうする?相続欠格・廃除

HOME » 相続欠格・廃除について » 相続欠格は子供にも及ぶの?

相続欠格は子供にも及ぶの?


特定の条件に当てはまると、相続権を失うのが相続欠格です。
もしこれになった場合、その欠格者の子供も同じく欠格になるのか、これはかなり気になるポイントになるでしょう。

なぜなら、日本で相続が起きたときには、代襲相続という制度があるためです。
これは簡単に言うと、本人が持っていた相続権がその子供や孫に移行すること。
その本人が亡くなったあと、その方が相続人となるような遺産相続が起きると、この代襲相続が行われます。
本来なら相続人として参加するはずだった本人に代わり、その子供や孫などが遺産相続に参加するのです。

このような代襲相続は、相続欠格が起きたときにも適用されるのか、これは周囲の相続人にとっても気になることでしょう。
もし代襲相続が行われるなら、欠格者の子供や孫などを遺産相続に参加させないといけません。
そうでないと法定相続人が全員揃っていないことになるため、その状態でやった遺産分割協議もすべて無効になるのです。

相続欠格は子供にも及ぶのかというと、これは及びません。
つまり相続欠格者本人は遺産相続にもう参加できませんが、その子供や孫は代襲相続により、遺産相続に参加します。
これは周囲の相続人にとっても、よく確認しておきたいポイントですね。

欠格者の子供だからと、遺産相続に参加させない場合、先にもご紹介した通り法定相続人が全員揃っていないことになりますから、その状態では遺産分割ができません。
もしそれをやった場合、その分割は無効になります。

ですから、相続欠格が身内で起きたとしても、もしその人に子供や孫などがいる場合、その子供や孫を遺産相続に参加させてください。
このとき、子供と孫の両方がいる場合、子供が代襲相続により相続人へと確定します。
孫はもうその相続に参加しません。

その相続欠格者に子供がいたものの、その子供がすでに亡くなっており、孫が生存している場合は、その孫が相続欠格者に代わって、その遺産相続に参加します。
このような代襲相続は、子供や孫、ひ孫といった直系卑属が対象になります。
今生存しているその直系卑属のうち、もともと相続権を持っていたその欠格者にもっと近い世代の人が、相続人に確定するのです。

そのため、欠格者の子供が生きている場合は子供が、子供がすでに亡くなっており、孫だけが生きている場合は孫が、それぞれ欠格者に代わって相続人に確定します。
このように相続欠格は、子供には及びません。
相続権がはく奪されるというその事態から、その子供にも相続権がなくなるものと思われがちですから、注意してください。