相続欠格の確認方法 - こんなときどうする?相続欠格・廃除

HOME » 相続欠格・廃除について » 相続欠格の確認方法

相続欠格の確認方法

相続欠格とは、規定の理由に当てはまることで、相続人としての権利を失うことです。
欠格に該当した場合、当人はその遺産相続に参加できません。
相続人としての権利を欠格により失うためです。
このようにかなり厳しい規定となるのですが、この相続欠格が起きたと確認したいこともあるでしょう。
その確認方法はどうなるのでしょうか?

特定の手続きや申請が必要な場合、その手続先や申請先から書類が送られてくることも多いですから、それが確認方法になりそうですよね。
しかし相続欠格については特定の手続きは必要なく、該当する理由に当てはまった場合は自動的に適用されます。
どこからも書面でのお知らせなどは来ませんから、これは相続欠格の確認方法にはならないのです。

相続時の確認方法には、戸籍の確認もあります。
法定相続人の選出時には、戸籍謄本を見て候補者をリストアップすることも多いでしょう。この方法が相続欠格の確認方法になるかというと、これもなりません。
相続欠格の事実は戸籍にも載りませんから、この方法でも確認できないのです。

ではどんな方法なら確認できるかというと、実はそれが確認できる方法がほとんどありません。
先にもご紹介した通り、相続欠格は該当する理由に当てはまると自動的に適用されますから、それを確認する方法はあまりないのです。
しかしそれだと不便もあるでしょう。
その該当者が確かに相続欠格だと公的に証明する方法が欲しいですよね。

このようなときは、まずは該当者に相続欠格を認める書類を作成してもらう方法があります。
本人が相続欠格を認めている場合、この書類の作成により、以降はその人が相続欠格者だと確認できます。

しかしこのような書類を、本人が進んで作成してくれる事例はそれほど多くありません。
本人は自分が欠格者だと認めないケースが多いのです。
このようなときは、相続欠格を確認する訴えを起こすのが一般的です。
相続欠格の理由にその方が当てはまることを裁判で確認します。
この結果、その人が相続欠格者だと認める判決が出た場合、以降はその判決書により、相続欠格を確認できるのです。

相続欠格の確認方法はこのようになります。
本人がそれを認めて書類を作成するか、訴訟を起こすかといった方法になるため、ほとんどのケースでは訴訟がその確認方法となります。
このように相続人たちでそれを確認できる方法を取らない限り、相続欠格を確認する方法がありませんから、注意してください。
もし訴訟を起こす場合、判決が出るまでに時間もかかりますから、早めに取り組むといいでしょう。