相続権廃除ってどういうこと? - こんなときどうする?相続欠格・廃除

HOME » 相続欠格・廃除について » 相続権廃除ってどういうこと?

相続権廃除ってどういうこと?

あなたは、自分が亡くなった後の財産の分配についてどのように考えていますか?
ある程度の財産を所有しており、また家族や親族が多いような人は遺産相続でトラブルが起こりやすいと言われています。
例えば、兄弟間で親を介護した人と介護をしなかった人がいる場合、平等に遺産を分配してしまうと介護をした人に不公平感が生まれてしまうことがあります。
そうなると、法律に定められた通りの遺産配分では納得がいかず、トラブルが起きてしまうことがあるのです。

このような事例は、高齢社会になった日本では決して珍しいことではありません。
ですから、介護を受ける親自身がきちんとした形で遺言書を残し、自分自身の死後に遺産トラブルが起きないようにするべきなのです。
このような考え方から、今は終活の一環として「遺言書」や「エンディングノート」などに関するセミナーが頻繁に行われています。
相続税は税理士に聞くのが一番確実ですが、ここでも、遺言書を残す上で知っておくべきルールをお伝えしていきましょう。

あなたは「相続権廃除」という制度を知っていますか?
相続権とは、被相続人が亡くなると遺産を受け取ることができると民法で定められた人の権利のことを言います。
通常は…被相続人の配偶者、また被相続人の子、そして被相続人の兄弟姉妹などが対象です。
こうした相続権は、特に遺言書を作成していなくてもきちんと分配する権利が与えられるように法律で決められています。
ですが、いくら法律で決められていても「遺産を渡したくない」と思うような家族がいることもあるでしょう。
その時に手続きすると良いのが「相続権廃除」なのです。

相続権廃除とは、被相続人の意思により相続人の権利を失わせることができる権利です。
しかし、ただ遺産を相続する相手が「嫌い」だからという理由では相続権廃除が認められることはありません。
相続権廃除の対象となる人物であるか、また遺言書に廃除の意思を明確にすることで、相続人の権利を失わせることができるのです。
あなたもぜひ、こちらを参考にして相続権廃除とはどのようなものなのかを理解しておきましょう。