相続欠格とは何のこと? - こんなときどうする?相続欠格・廃除

HOME » 相続欠格・廃除について » 相続欠格とは何のこと?

相続欠格とは何のこと?

あなたには、自分がこの世を去った後に家族や大切な人へ残すべき「財産」がありますか?
どんな人でも、長い人生を一生懸命生きてくれば大なり小なり「財産」と呼べるべきものがあるのではないでしょうか。
この「財産」というものは本当に厄介なもので、財産が多ければ多いほど家族や親族の間でトラブルに発展してしまうきっかけとなりうるものです。
ですから、そうした事態を回避するためには「遺言書」というものをきちんと残しておく必要があります。

しかし、ただ「遺言書」という書類を書いておけば良いというわけではありません。
遺産相続に関しては、きちんとした形式で法的効力がある内容の遺言書を残しておかなくては意味がないのです。
そこでぜひお伝えしたいのが、遺産相続における「相続欠格」についての知識です。
あなたは「相続欠格」というものがどういうものなのかを知っていますか?
ここでは、遺産相続における相続欠格について、そもそも「相続欠格」とは何なのかということをお伝えしていきます。

相続欠格というのは、民法に規定された相続欠格事由に当てはまる人の相続権を失わせることができる制度のことです。
この「欠格事由」に当てはまる人は遺産相続で受けることができる分はもちろん、遺贈分も受け取ることができなくなってしまうという、大変厳しい制度が「相続欠格」という制度なのです。
ここでいう「欠格事由」というものは、下記の5つです。

・故意に被相続人を死亡させた、または死亡させようとした場合
・被相続人が殺害されたことを知って隠していた場合
・詐欺や脅迫により被相続人の遺言取り消しなどを妨げた場合
・詐欺や脅迫により被相続人の遺言を変更や妨害した場合
・被相続人の遺言を無断で偽造したり隠ぺい・破棄した場合

このようなケースに当てはまるということは、つまり何らかの「犯罪に関わっている」人であるとも言い換えることができます。
万一、自分の家族や親せきにこのような「遺産を渡したくない」人がいる場合、裁判所で正式な手続きを取ると遺産相続の権利を失わせることができるのです。