相続欠格や廃除の相談はどこにすればいい? - こんなときどうする?相続欠格・廃除

HOME » 相続欠格・廃除について » 相続欠格や廃除の相談はどこにすればいい?

相続欠格や廃除の相談はどこにすればいい?

自分自身がこの世を去った後によく起こる問題として「遺産相続」問題があります。
人間というのは、悲しいことではありますが…金銭が絡むとどうしても人の気持ちよりも自分のことを優先してしまいがちになってしまうものです。
多くの人がそのような事態を避けるために、自分の死後に遺産をどのようにして分けるかを「遺言書」に書き記します。
しかし、遺言書などが残っていなくても民法には故人の遺産をどのようにして分けるのかということがきちんと明記されています。
遺産は、被相続人の配偶者が半分、そして残りの半分を子どもたちで分配するように決められているのです。

そうはいっても、子どもの中には「親不孝者だから、どうしても遺産を渡したくない」と思う人がいるかも知れません。
また、あなたの配偶者があなた自身に対して不貞行為をしている可能性もあるでしょう。
そのような配偶者にだって「遺産を渡したくない」と思うかも知れません。
そうした場合に役立つ制度が「相続欠格」や「相続廃除」といった制度です。

相続欠格は、民法に定められた欠格事由に当てはまる人の相続権を失わせることができる制度です。
ここに定められる欠格事由とは、本当に法律に触れるような不正行為をした場合によるので、一度欠格してしまうと原則は相続権を回復できません。
また、相続廃除は被相続人の意思で相続権を失わせることができる制度です。
この制度の場合は、相続権を回復する手続きをとれば相続権を回復させることができますが、そのためには相続廃除を行った人が自ら回復手続きをしないといけないため、相続権の回復は難しいと言われています。

このように、相続権を欠格や廃除させることも、またそうなった場合に回復させることも、かなり難しい制度であることが分かるでしょう。
そのような事態になったら、一体どこに相談すれば良いのでしょうか?
相続欠格や廃除の手続きなどは家庭裁判所で行うため、法律の専門家に相談するのが一番得策です。
司法書士や弁護士など、法律の専門家であり、なおかつ手続きなども一緒に行ってくれるような機関に相談すれば良いでしょう。
遺産相続は複雑ですし、相続税の計算なども行ってくれる専門家は力になるはずです。
あなたもぜひ、こちらを参考にして遺産相続のことは法律の専門家に相談してみてくださいね。