相続放棄した空き家の管理責任 - こんなときどうする?相続欠格・廃除

HOME » 相続欠格・廃除について » 相続放棄した空き家の管理責任

相続放棄した空き家の管理責任

相続

・空き家を相続放棄
故人が一人で住んでいた家が相続財産に含まれるとき、それはすでに空き家になっていることが多いですよね。
そして普通ならその空き家も含めて遺産相続を検討していくところですが、故人に借金があるなどした場合、その空き家も含めて相続放棄することも多いでしょう。
そうなるとその空き家はもう相続人の誰も引き継がないのですが、その管理責任はどうなるのでしょうか?
これが気になることが多いのは、不動産は管理が必要になる財産だからです。

たとえばその空き家の敷地内に埋まっている植木の枝が伸びて道路まで達している場合、通行人にとっては邪魔となります。
これはきちんと管理して不要な枝など剪定する必要がありますね。
ほかにもその家に通っている水道管が破裂して水漏れし、家の周囲に漏れ始めたらやはり修繕が必要になります。
これら管理の不備によって第三者に何らかの被害を与えた場合、管理者には損害賠償が請求されることもあります。
このように空き家とはいえ不動産は管理が必要になるのですが、相続放棄した空き家の管理責任は誰にあるのでしょうか?

・相続放棄しても管理責任がある?
実は相続放棄しても相続人たちにはその空き家の管理責任が一部あります。
一度放棄すればもうその空き家との縁は完全に切れ、何があろうと自分たちに責任が及ばないわけではないのです。
先にご紹介したようにその空き家の管理に不備があり、何か問題が起きたときには相続人たちにその責任が及ぶこともあります。

これはなぜかというと、相続放棄をしたら次の相続人がその管理を始めるまで、元の相続人が自分の財産と同じように管理を継続するという規定が民法にあるため。
相続人の候補者が全員放棄した場合、相続財産管理人がその財産を管理する役目を負うのですが、この方は自動的に現れるわけではなく、自分たちで家庭裁判所に申し立てをして選出してもらわないといけません。
この相続財産管理人を選出せずに全員放棄したときは、その空き家の管理責任だけが相続人たちにかかっている状態となるため、自分たちである程度の管理を継続する必要があるのです。

・対応は専門家に相談を
相続放棄したあとの空き家の管理責任ですが、いろいろな注意点があります。
その空き家の管理責任があるといっても管理は必要最低限に留める必要があります。
自分の不動産のような管理をすると単純承認が適用され、放棄が取り消される恐れがあるのです。

これを避けるには相続財産管理人を選出するといいですが、これには少なくないお金がかかります。
場合によってはずっと費用が掛かり続ける可能性もありますから、選出するときにも計画性が必要です。
非常に難しい問題となりがちですから、対応する必要が出たときには専門家とよく相談することをおすすめします。