相続欠格・廃除についての記事一覧- Page 2 of 2 - こんなときどうする?相続欠格・廃除

HOME » 相続欠格・廃除について

相続欠格・廃除について

相続権が廃除になる条件とは?

自分の人生の中で、一生懸命働いてくればある程度の財産を所有することになります。
土地家屋や現金、株式など…どの財産も、あなた自身の人生における頑張りを表してくれる大切なものです。
こうした財産というのは、亡くなっても天国へ持っていくことはできません。
そこで考えなくてはならないのが、遺産相続に関する問題です。
相続権が廃除になる条件とは? ≫ Click

相続欠格の事例を解説します!

人が自分の人生を終える時に、本人も家族も一番気がかりな問題である「遺産相続」。
法律では、あなたの死後に残された遺産は、あなたの配偶者が半分、そして子どもがいる人は残り半分は子どもが相続することになっています。
しかし、そのような法律による決まりがあるにも関わらず、遺産相続に関するトラブルというものは頻繁に起きていると言われています。
悲しいことではありますが、殺人や詐欺事件など…遺産相続が絡んだ事件なども少なくありません。
ですから、自分自身の財産をきちんとした形で分配し、またトラブルに発展しないように納得して受け取ってもらうようにしておくことは本当に大切なことなのです。
相続欠格の事例を解説します! ≫ Click

相続欠格になってしまった…相続権って回復できるの?

高齢社会になって久しい現代日本。
高齢化が進んだ日本だからこそ起こってしまう悲しい事件やトラブルが毎日メディアのニュースで見られます。
そうした問題というのは、老々介護の問題や遺産相続によるトラブルの話など…自分の周りではなるべく避けたいような問題ばかりです。
ですが、いつどんな時にあなた自身がそうした問題に巻き込まれるかなんて分かりません。
その時が来て焦らなくてもいいように、日頃からそのような問題に対する知識を持つように心がけておくと良いでしょう。
相続欠格になってしまった…相続権って回復できるの? ≫ Click

相続欠格が起こりうる条件について

あなたは「相続欠格」という言葉を耳にしたことがありますか?
一般の人にはあまり耳慣れない「相続欠格」という言葉ですが、きちんと理解をしておくことで自分自身が築いてきた財産を自分が与えたい人に与えることができるのです。
この機会に、しっかり理解しておくようにしましょう。
相続欠格が起こりうる条件について ≫ Click

相続権廃除ってどういうこと?

あなたは、自分が亡くなった後の財産の分配についてどのように考えていますか?
ある程度の財産を所有しており、また家族や親族が多いような人は遺産相続でトラブルが起こりやすいと言われています。
例えば、兄弟間で親を介護した人と介護をしなかった人がいる場合、平等に遺産を分配してしまうと介護をした人に不公平感が生まれてしまうことがあります。
そうなると、法律に定められた通りの遺産配分では納得がいかず、トラブルが起きてしまうことがあるのです。
相続権廃除ってどういうこと? ≫ Click

相続欠格とは何のこと?

あなたには、自分がこの世を去った後に家族や大切な人へ残すべき「財産」がありますか?
どんな人でも、長い人生を一生懸命生きてくれば大なり小なり「財産」と呼べるべきものがあるのではないでしょうか。
この「財産」というものは本当に厄介なもので、財産が多ければ多いほど家族や親族の間でトラブルに発展してしまうきっかけとなりうるものです。
ですから、そうした事態を回避するためには「遺言書」というものをきちんと残しておく必要があります。
相続欠格とは何のこと? ≫ Click